※購入先、ダウンロードへのリンクにはアフィリエイトタグが含まれており、それらの購入や会員の成約、ダウンロードなどからの収益化を行う場合があります。

NintendoSwitchのセーブデータを2台以上で共有する方法まとめ

NintendoSwitchのセーブデータを2台以上で共有する方法を紹介していきます。
2台持ちで使い分けてプレイしている人におすすめの方法となります。

NintendoSwitchのセーブデータを共有する方法

NintendoSwitchのセーブデータを共有する方法は

  1. 全てのSwitchで同じNintendoアカウントにログインする
  2. いつも遊ぶ本体にメインの本体を設定
  3. 共有するゲームをセーブデータ預かり設定を行う
  4. 違うSwitchでセーブデータのダウンロード

をすることでセーブデータを移動しながら遊ぶことができます。
Nintendo Switch Online(有料)のセーブデータお預かり機能を使用します。

全てのSwitchで同じNintendoアカウントに

最初に全てのSwitchで同じNintendoアカウントにログインします。
違うアカウントにログインしている場合は、セーブデータを共有することができません。
また、同じソフトをインストールしておく必要があります。

違うSwitchでセーブデータのダウンロード

セーブデータを共有したいゲームをホームから+ボランで「セーブデータお預かり」を選択し「セーブデータのダウンロード」を選択することでセーブデータをダウンロードできます。
セーブデータはお預かり設定をしていれば、勝手に保存されています。
また、サブの本体で遊ぶ場合にはインターネット接続が必要となります。

セーブデータお預かり機能に対応していないソフトの場合には、ニンテンドーアカウントを連携させた本体同士でセーブデータの引っ越しを行うことで、他の本体にセーブデータを移すことができます。

モバイルバージョンを終了