MinecraftLive2020で発表されたMinecraftの大型アップデートとは

2020年10月4日に発表されたMinecraftLiveでのMinecraftの大型アップデートの内容のまとめです。
今年はオンラインで行われて、去年の名前はMINECON Liveでした。

2021年夏に大型アップデート

Caves & Cliffs Update

プレイヤーが長年要望していた“洞窟”と、2019年のMinecon Liveバイオーム投票の最多票を獲得した“山岳”が、待望のアップデートを実施。

「洞窟や地下探索は、プレイヤーがゲーム内で過ごす時間の大部分を占めているため、私たちのチームは『マインクラフト』の世界のこの部分に、さらに多様性をもたらすことに非常に興奮しています」とのこと。
すべてのプレイヤーのために用意された多種多様な機能を備えた大規模なもので、2021年の夏にはすべてのプラットフォームに向けてリリース予定。
「今回のアップデートは非常に大規模であるため、チームは通常よりも多くの時間を必要としており、この休暇中は従来のゲームアップデートは行われません」とのこと。

特徴

洞窟アップデートでは、緑豊かな洞窟、流石の洞窟、クリスタルジオードなど、さまざまなブロックやモブがプレイヤーを待ち受けています。

新しいブロック
Sculk Sensor:レッドストーンの信号を発することで動きに反応するブロック。プレイヤーはこのブロックのおかげで、ワイヤレスのレッドストーンのような素晴らしい仕掛けを作ることができるようになります。
Stalactite/stalagmite:プレイヤーがこれらの上に着地した場合、落下ダメージが増加するなど、異なるメカニックを持つ尖ったブロックです。
プレイヤーはまた、地下を探索するときに新しい銅鉱石を見つけることができるようになります。
銅は、避雷針ブロックを作るために使用することができますし、プレイヤースケールのクリスタルジオードを見つけることができれば、クリスタルを使って望遠鏡を作ることができます。

新しいモブ
見たものではなく動きに反応する能力で、暗い洞窟によく適応した敵対的なモブであるWardenや、戦闘を助けることができる洞窟に住む水の生き物Axolotlなど、クールな新しいモブが登場。

洞窟生成が改善
狭いトンネル、巨大な洞窟、洞窟の湖、洞窟の中には滝も(洞窟の中でラフティングができるようになります)
プレイヤーはブラシアイテムを使ってレアで壊れやすいアーティファクトを慎重に掘り出す新しい採掘方法で、埋もれている遺跡やアーティファクトを見つけることができる考古学システムを導入。


●『マインクラフト』の山をアップデートし、より壮大な山の生成、雪の“トラップ”、魅力的でやんちゃなヤギなどを追加します。
追加機能
洞窟や崖に関する機能に加えて、非常に便利な “バンドルアイテム”ような機能をさらに追加します。

スマブラとのコラボ

任天堂から発表がありましたが、Nintendo Switch用『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』の新ファイターとして、スティーブやアレックスが参戦します。

数年前からコラボに向けて動いていたなど様々な噂がとびかっていますが、まさかのコラボでした。
最近は、いろいろなもののコラボが多くてついていけません😅

 

まとめ

Minecraftの大型アップデートは2021年の夏頃で様々なブロックやモブが追加されます。
Minecraft自体、一生遊べるゲームなのにまだまだアップデートされていきそうなので嬉しすぎます。