MacでWindowsソフトを使う4つの方法!仮想Windowsを構成

私が書いてる記事は、基本的にWindowsでのおすすめソフトを書いていますので、macユーザーの人には使用できないソフトも出てくるかと思います。
そこで、macでもWindowsを使えるようにできる方法を紹介します。

値段や特徴などは公式サイトに書かれています。
仮想Windowsでのゲームは厳しい可能性があります。
重たいグラフィック処理は難しいことを理解してください。

VirtualBox

公式サイト

無料で使えるツールになります。
公式サイトにユーザーマニュアルやオープンソースなどがあります。

BIOSの設定など初期設定が難しいかもしれません。
逆にメモリや設定なども細かく設定できます。

有償ツールに比べて操作や設定などは難しいかもしれませんが、無料で使う分には十分すぎるツールになります。

Parallels

公式サイト

パソコンに仮想環境でWindowsを作成します。
無償トライアル版もありますので使ってみてから購入を検討できます。

macとWindowsのフォルダーの共有やOS間のコピーなども可能です。
全画面モードを使用すればWindowsを操作している感覚になります。
年々、アップグレードによって改善されてきてパフォーマンスも向上しています。

1年で8,500円になります。

VMware Fusion

公式サイト

Windows10最新版を実行できます。
フォルダ共有も簡単に可能で、無償トライアルもあります。

Windowsの設定やアプリなど同じ構成のWindowsクローンを生み出すことも容易です。

1年半で$ 159.99(16,000円)になります。

Boot Camp

公式サイト

Mac公式のWindowsインストールツール。
公式から出ているのでインストール手順やサポートなどもしっかりしています。

対応しているデバイスでないといけません。
Macbook、MacBookAir、MacBookPro、Maccmini、iMac、iMacPro、MacProになります。
対応機種・インストール手順

まとめ

4つのソフトを紹介しました。
実際にインストール・使用して、どれが使いやすいかを比べるのが一番です。

インストール手順も簡単ですので、MacでWindowsを使いたい方は是非試してみてください。