HumbleMonthly改めHumbleChoiceとは?お得なサブスクサイト

  • 2020年10月2日
  • 2020年9月26日
  • Humble

ゲーム販売とHumbleが提供していたHumbleMonthlyは、名前とサービス内容、金額を変更しHumbleChoiceになりました。
HumbleMonthlyの内容とHumbleChoiceの内容を比較し、新たにサービス開始されているHumbleChoiceをみていきます。

HumbleMonthlyとは

PCゲーム販売サイトHumbleが提供していたサービスで月額12ドルを支払うことで、3つの特典を手にすることが出来ました。

  • 毎月合計100ドル以上のゲーム
  • DRMゲームプレイ権
  • humblestoreの10%引き

この3つが大きな特典で、HumbleMonthlyの収益の一部は慈善団体に寄付されていました。
一番うれしいのは、毎月ランダムで選ばれてたゲームを手にすることが出来たことです。
自分が持っているゲームと被ることが多々ありましたが、12ドル以上の価値あるゲームを入手できました。

DRMゲームは加入している状態ならいつでもプレイ可能な制限付きゲーム。

HumbleMonthlyとHumbleChoiceの違い

HumbleMonthlyとHumbleChoiceの違いを見ていきましょう。

大きな違いはプランがあることです。
HumbleMonthlyは12ドルでサブスクリプションしていましたが、HumbleChoiceは3つのプランから選択できます。

5ドル/15ドル/20ドル

この3つのプランから選択し毎月ゲームがもらえるのがベージックとプレミアムになります。
しかも複数のゲームを選択して入手するという選択(英語でチョイス)方式になりました。
いいところは、ダブル可能性が低くなることです。
また、DRMゲームがしたい場合はライトでも十分遊べます。
悪いところは、値段が高い、これにつきます。

実は裏オプションで、HumbleBundleの12ヶ月継続権を持っていてChoiceに移行した人(私)はクラシックという裏プランに加入できます。

新規ユーザーは加入できない古参プレイヤー限定のプランで毎月ほぼ全てのゲームを入手できるプランです。

他の違いとしては、DRMゲームにプランごとの制限がついたことです。
ストアの割引は20%と大きくなりました。

HumbleTRAVELでDRMゲームは確認できます。

まとめ

HumbleMonthlyからChoiceになって、メリット・デメリットがありますが私はお得なHumbleが好きなので毎年年次プランで更新し続けています。
また、サブスクリプションはいつでも停止(ペナルティなし)できますので、1ヶ月だけ加入してすぐにやめてもいいです。
試しに入ってみてもいいかもしれませんね。

バンドルサイトHumble登録方法とバンドル支払い/購入方法方法を解説

HumbleChoiceのサブスクライブ方法と特典/解約方法を解説