GoogleMeetの使い方/Googleのウェブビデオ会議アプリ

Googleのウェブビデオ会議/GoogleMeetの使い方を解説します。
Googleに元々あった会議システムがコロナウイルスにより需要が出てきたことからGoogleMeetとしてGmailなどに表示されました。
今回は、個人で使用する場合の方法を紹介します。

Meetの特徴

Googleアカウントで使用できますので、ビジネスでGmailを使ってい人にはすんなり受け入れられます。
最大250人の参加者まで可能ですので、大規模な講習なども可能です。
画面を共有できたり、会議機能ではなく配信機能を使用すると最大10万人までライブ配信が可能です。
また、スマホでも簡単に参加できますのでPCを持っていない人でも導入が簡単です。

Googleアカウントの取得

Meetはサイトに登録する必要はありませんが、Googleアカウント(Gmailに使っている@gmail.com)が必要です。

Googleのアカウントを持っていない場合は、こちらから作成してください。

Meetに招待する(ホスト)

スマホとPCの招待の仕方、両方を紹介します。

スマホの場合(androidで説明)

アプリもありますが、Gmailから可能なのでいくつもアプリをインストールしておくと分からなくなるので、Gmailで説明します。

スマホの場合、Gmail(最新版)を開いて下にあるビデオ会議をタップし、新しい会議をタップします。
続いて表示されたメニューの即席の会議を開始をタップします。

続いて招待のリンクが表示されますので、右にあるアイコンをタップするとコピーされます。
リンクがコピーできましたら、ラインやメールでURLを貼り付けでビデオ会議に参加して欲しい人に送信します。
一番最初に会議を開始すると、カメラとマイクがミュートになっていますので下の赤いビックリマークをタップし許可をすると、マイクとカメラを使用できます。

別の画面を開いた場合でも、通知バーにMeetが表示されていますのでタップするとMeetの会議に戻ります。

会議に参加者が来ると、段々と表示が増えていきます。
切断する場合は、受話器を切るアイコンから切断可能です。

PCの場合

Gmailを開きます。
右下にある会議を開始をクリックします。
メニューが表示されていない人は、左上の三本線をクリックします。

続いてカメラとメイクが許可されていない場合、右上のカメラマークをクリックすると”カメラとマイクを使用できます”のポップアップが表示されます。
https~のアクセスを許可するにチェックを入れると許可されます。

マイクとカメラの設定が完了すると、今すぐ参加をクリックします。

URLが表示されますので、コピーをクリックしてラインやメールでURLを送信し参加者を待ちます。

Meetに参加する

ホストで会議を作成し招待する場合は、スマホとPCで違いましたが参加方法は同じです。

送られてきたURLをクリック、またはGmailの会議に参加するのボタンをクリック(タップ)し、URLをコピペで貼り付けて参加します。
参加する方は、URLを送られてくるのを待つだけで、とくに準備は必要ありませんがGoogleアカウントだけは取得しておきましょう。