Amazonブラックフライデーとサイバーマンデーの違いは?どっちも開催されてお得に

2020年のAmazonブラックフライデーとサイバーマンデーは11月27(金)の朝9時から12月1日(火)23:59分まで開催されます。
今年は毎年開催されている2つの大型セールどっちも同じに開催されますので、2つセールの違いを紹介しつつおすすめ商品を紹介していきます。

ブラックフライデーとサイバーマンデーの違いは?

ブラックフライデーとサイバーマンデーはどちらもアメリカの感謝祭みたいなものになります。
なぜアメリカのかは、Amazonの本社がアメリカにありアメリカ初の会社だからです。

Amazonサイバーマンデーとは

サイバーマンデーは、アメリカの感謝祭の後の月曜日にオンラインで開催されるセールイベントです。
アメリカではこの日にECサイトでクリスマスプレゼントや年末の贈り物の買い物をする方々が多くいます。
最近ではブラックフライデーセールの続きとして楽しまれています

ブラックフライデーは11月の第4金曜日に行われているイベントです。
2020年11月の第4金曜日は、11月27日になるということです。

アメリカではこの日サンクスギビングデイという祝日で3連休や4連休などにして家族との時間などを楽しむ風習があります(日本でいう勤労感謝の日)
なので、連休で会う家族の贈り物や自分の買い物をAmazonでセールするから購入してね!というセールになります。

Amazonブラックフライデーとは

 アメリカの感謝祭が木曜日であることから、その翌日の金曜日は実家からの帰路につく人で賑わうことに由来しているといわれています。
また、この日は小売業界で1年を通じて最も売上を見込める日であり、売上が赤字になっていたお店も黒字になることから「ブラック」という名前になったとも考えられます。
元々アメリカの実店舗で誕生したイベントですが、近年はECサイトにまで普及しました。アメリカでは、ブラックフライデーからホリデーシーズンのお買い物を始める方々が多くいます。

これは、上で説明しているサイバーマンデーと大いに関係があります。
2通りの由来があるので説明します。

1つ目はAmazon公式が説明している通り、いくら赤字の店でもこの週ばかりはイベント事などで売上が黒字になります。
英語でSurplusやBlackと表現されます。なのでBlackになる金曜日でブラックフライデーになったとされている説です。

もう1つは、この期間はお店での購入トラブルや帰省するために交通量が多くなり事故が多発するようになります。
そこで警察官は、このセール期間中はブラック企業に変わります。
休む日間もなく働き、警察の間ではブラックフライデーという名前で呼ぶようになりました。
いつか警察がブラックフライデーと呼んでいたセールが、一般の人にも定着してブラックフライデーになったという説もあります。

同時開催されてさらにお得になる商品

Amazonの大型セールではいつもお馴染みのものから特別な商品までお得になりますが、今回は2種類のセールが同時開催されるとのことで種類も豊富になっています。

ポイントアップキャンペーン

ポイントアップキャンペーンでは、2万円以上のお買い上げでエントリーをしておくと通常ポイントに加えて下記のポイント%がプラスされます。
プレイム会員で2%
アプリで1%
AmazonMasterCardで1%
になっています。

すべての条件を満たすと4%のポイント還元になっています。
AmazonMasterCardは、すぐに発行できないので注意です。

Amazonがおすすめするイチオシ商品

Amazonがサイバーマンデーとブラックフライデーでおすすめしている商品を紹介します。

AmazonといえばAmazonFireTVです。
コロナ禍で、売り切れ続出した商品になります。

最も感動した完璧プロジェクター

ウイルス対策に空気清浄機を

運動不足と体幹トレーニングに

天然由来の洗浄シャンプー

エステと同じような脱毛が可能

あなたの日常にコーヒーを

ゲームのお供にLogicoolキーボード

人気ゲームのフォートナイトのダーツ型銃

created by Rinker
ハズブロ(HASBRO)
¥5,745(2020/11/27 00:27:30時点 Amazon調べ-詳細)