魔界戦記ディスガイア6初回限定版で選べる3Dクリスタルとは

魔界戦記ディスガイア6の初回限定版についてくる3Dクリスタルとはどのようなものか、購入する際に気になる実物と比べながら紹介していきます。
最近のゲームでは初回限定版に付いていくることが多くなった3Dクリスタルの注意点も解説します。

魔界戦記ディスガイア6とは

日本一ソフトウェアの代表作が魔界戦記ディスガイアです。
ターン制ストラテジーで特徴が最大レベル9999で億ダメージが出ることになります。
6ではレベル9999万9999と京(億の次)までのダメージが出るようになりました。

6の特徴は近年ラノベやアニメの定番である異世界転生がストーリーになっています。

システム的には、自動戦闘やレベル1から万ダメージが出るなど古残からしたら良くないともとれるシステムになっています。
最近のスマホゲーム(ディスガイアRPG)でも自動戦闘などが採用されているし、Switchで子供向けにしているのかもしれないが今までのディスガイアでコツコツレベルを上げるのが楽しかった人は悲しいかもしれない。

転生システムやアイテムダンジョンなども多少の変更がありますが、やりこみ要素はとても多そうです。

初回限定版の内容

ディスガイア6の初回限定版のクリスタル付属版はAmazon値段で

PS4とSwitchの両方ともが20,350円になります。
他の初回限定版では、様々なものが付いてきますが1万円ほどで購入できます。
3Dクリスタル付属だけ高いのは、もちろん3Dクリスタルが高いからです。

他のゲームで付属されている3Dクリスタルですが、同じもので中身が別になっています。

このような感じで中にディスガイアのキャラクターが入るイメージになります。

 

現在制作中ということで、まだキャラクターは決まっていません。
■同梱物
・描き下ろしイラスト 3Dクリスタル(約50×80×50mm)×1個
・ライトアップ用LEDスタンド×1個
※ライトアップには単三電池3本(別売)が必要です。

ということですが、充電式ではなく単三電池になります。
注意事項としてはこの電池式で、私が購入した別の3Dクリスタルは付属の単三電池では3日間光らせると無くなりました。
なので、必要な時に光らせるか充電式の電池を購入してループさせることをおすすめします。

大きさとしては、500mlのペットボトルの約半分ほどになります。
台座とクリスタルは取り外せて、台座の上にクリスタルを置くという感じになります。
重さと大きさがぴったりなので、地震などでも台座から落ちる心配はありません。

以上3Dクリスタルの説明でした。
問題は電池だけなのでそれ以外は、インテリアとして素晴らしいものになります。