停電時にPCやサーバーを守るUPSとは?おすすめUPSを紹介

パソコンを操作している時に停電が起き、データが消えるという話を聞くことがあると思います。
最近のパソコンは、簡単にはデータが消えませんがデータの操作中やサーバーは停電でデータが壊れることがあります。
そこで今回は、停電でデータが壊れないように対策として、UPSを紹介します。

停電したらパソコン/サーバーのデータは消える?

停電が起きた場合、ノートパソコンはバッテリーがありますのでバッテリーが無くなるまでは動きます。
しかし、デスクトップパソコンはバッテリーがないため停電で電気が送られてこないと急にシャットダウンすることになります。

停電が起きて、デスクトップパソコンが落ちると保存されているデータは無事ですが、データをコピー中や保存中に停電がおきると壊れる可能性があります。
ひとつのデータだけなら、もう一度作業をすればいいのですがWindowsのアップデート中に停電が起きるとシステム自体が壊れてしまうかもしれません。

パソコンもそうですが、家にサーバーを設置している場合は、サーバー稼働中に停電が起きると保存されていたデータが壊れることがあります。

停電の原因/落雷の場合

一般的に停電は、電力会社からの電気の供給に問題があった場合や、電力の使いすぎ断線などですが、落雷でも停電する場合があります。
落雷の場合、一時的にコンセントなどに過電流(想定以上の電流)が流れ、そのまま機械に過電流が流れることがあります。
パソコンなどは精密機器ですので、過電流が流れると壊れてしまうこともあります。過電流から守るには、サージ対策付きのコンセントが必要になります

停電対策にUPSの設置がおすすめのわけ

UPSとは日本語でいうと無停電電源装置になります。

UPSは内部にバッテリーが内蔵されています。コンセントに繋いでおくとUPSのバッテリーに電気が充電されていきます。
UPSにはコンセントが付いており、パソコンとUPSを繋ぐことで停電が起きてもデスクトップパソコンはUPSから電気が送られてきます。

UPSのコンセント差し口は複数ありますので、サーバーやルーターを繋いでおくことでパソコンの周辺機器も停電時にシャットダウンしなくなります。

昔はUPSは、値段が高く企業のみで採用されていましたが現在は安く高機能のUPSがネットで購入できます。

落雷での停電時に流れてくる過電流を防いでくれるコンセントも搭載されています。
全てが過電流対策のコンセントではないので、説明書/本体に記載されていますので間違えないように接続する必要があります。

おすすめのUPS

UPSには3種類の供給方式があります。
一般に家庭用で販売されているものは、家庭用コンセントからUPSを通して直接パソコンなどに直接電気を送ります。
停電時にUPSからの電気供給に切り替えますので一瞬電気が途切れますが一瞬なので家庭用機器には問題は起こりません。

他2つの供給方式は常に電気が供給される方式ですが、値段が高いです。

停電が起きてからパソコンで処理の重いこと作業をすると、UPSのワット数を超えてしうことがありますので、停電が起きたら作業をやめてデータを保存してシャットダウンするようにしましょう。

550V/330Wで約7000円ですので、安く停電時に左側は電気が供給されます。
安価で一般的な機器は330Wあればバックアップが取れます。
ゲームなどをすればWを超えますので絶対にやめましょう。

1200V/720Wで2万円ほどです。
少しの作業なら数十分使用可能でサージ(過電流)対策付き。
停電時に一瞬も電気を遮断せずに動くUPSになります。

まとめ

停電すると作業中ならデータが壊れてしまうことがありますし、落雷の過電流があるとパソコン自体が壊れますのでUPS設置をしておくことで安心してパソコンを使用できます。
今は安く機能のいいUPSがありますので、購入することをおすすめします。