【モンハン】全シリーズ歴代最強モンスターは?最強といわれているモンスターを紹介

モンスターハンター(モンハン)の全シリーズを含めた歴代最強のモンスターを紹介します。
ランキングにするとややこしいのでランキングにはしていません。
各シリーズごとに特色があり攻略方法、アクションも異なるので、昔のモンハンと今のモンハンは大きく違っています。
フロンティアは除きます。

禁忌のモンスター

2019年まで公式でさえ、シークレットにしていたモンスター達です。
文明ごと破壊できるほどの強さを誇ります。
あまりに強く記録に存在しなかったり、実在するのかというほどの伝説的な存在。

  • 黒龍ミラボレアス
  • 紅龍ミラボレアス
  • 祖龍ミラボレアス
  • 煌黒龍アルバトリオン
  • 煉黒龍グラン・ミラオス
  • 紅龍ミラボレアス特殊個体

を指します。
ちなみに黒龍をミラボレアス、紅龍をミラバルカン、祖龍をミラルーツといいます。
ミラボレアス系は2ndGで戦った人が多いはず。

ミラボレアス系は攻撃力が異常に高いので尻尾などの攻撃でも大ダメージになります。
初代モンスターハンターから登場してきた禁忌のモンスターであり最強=ミラボレアス系の人が多いです。

アルバトリオンも即死系の攻撃があり、少しでも気を抜けば死んでしまう。
時間により攻撃してくる属性が違うので厄介そのもの。

グランミラオスは禁忌のモンスターの中でも大きいモンスターです。
特にやばいという感じはありませんが、これでも禁忌のモンスター。

激昂ラージャン

もともと黒い毛から怒りで黄金になるラージャンが常に怒り狂っている状態です。
素早い動きと非常に高い攻撃力を併せ持ったモンスター。
個人的に呼び方が、地方によって違うのかなと思うモンスター、ラーを高く発音するか伸ばして発音するかで異見が分かれた体験があります。

イビルジョー(怒り喰らう)

モンスターがモンスターを喰らうという初の試みをしたモンスター。
長い尻尾を避けるのが難しく、動きもでかいのにアグレッシブに動きます。
怒り喰らうバージョンは手を付けられないほどのモンスターになってしまった。

ティガレックス

2ndに登場して多くのハンターを倒してきたモンスター。
怒り状態の動きが激しくてがつけらない状態に、咆哮がめんどくさく巻き込まれ事故多発。
PSP時代では一番動きが激しいモンスターです。

テオ・テスカトル、ナナ・テスカトリ

テオ・テスカトルとナナ・テスカトリでどちらが難しいかは人によると思います(シリーズにもよりますし)
弱点もあまりなく立ち回りが難しいモンスターです。
また、生息地が火山なので昔はクーラードリンクがなくなると地獄絵図とかしていました。

アマツマガツチ

いや、空飛ぶんかーい!ってなったモンスター。
風攻撃がメインで竜巻では即死級の攻撃を放ってきます。
討伐後に荒れていた空が青空に変わる演出がとても印象的なモンスターです。