サイバーパンク2077でオンライン要素はある?マルチプレイは別プロジェクトで進行中

2020年12月10日に発売されるサイバーパンク2077のオンライン要素はあるのかまとめていきます。
サイバーパンク2077の公式ツイッターからの発言でおおまかには判明していますが、詳細はわかっていません。

サイバーパンク2077とは

“サイバーパンク”というジャンルは、独裁国家や大企業が市民を抑圧していたり、肉体を機械化するサイボーグや、コンピューターに脳や視界を接続する技術超未来的など、夢みたいな未来が舞台が舞台なゲームジャンルです。
小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』や映画『ブレードランナー』などが有名で、熱烈なファンが多いジャンルになります。

世界的に高い評価を得何百時間も遊べて選択肢により物語は変化していくファンタジーオープンワールドRPG『ウィッチャー3:ワイルドハント』。
ウィッチャー3の開発会社であるCD PROJEKT REDが延期に延期を重ねてついに満を持して、発売するのがオープンワールドRPG『サイバーパンク2077』です。
コロナやシステムやクオリティの向上などの理由で延期になっていましたが完成しました。

サイバーパンク2077にオンライン要素はあるのか

発売されるサイバーパンク2077ではオンライン要素はありません。
しかし、別プロジェクトでオンライン要素が動いているようです。

サイバーパンク2077公式ツイッターでは、課金要素はあるのかという質問がありました。
そこで発言されたのが「サイバーパンク2077ではシングルプレイに課金システムはありません。」という内容です。
さらに「マルチプレイは異なるプロジェクトで進行していて、何らかの課金システムが実装される予定になっている」というコメント。

マルチプレイに関しては2019年末に発表されていて、どのようなモードになるのかは判明していません。
また、マルチプレイモードでは課金システムが存在するということも報じられていました。

どのような課金要素があるのかはわかりませんので、期待と不安が半々です。

課金要素があるとしてどのようなものになるのか

近年のオンラインゲームの課金要素は、スキンになります。
キャラクターのスキン(装飾)を購入することで、課金者と無課金者の有利不利をなくす意味も持ちます。

また、サイバーパンク2077ではキャラメイクもできるのでさらに自分の好きなキャラクウターをカスタマイズできるいい機会になると思います。
スキンとして販売するのか、ボックスを購入してランダムでスキンを出すようにするのかなどスキンの販売方式も様々になります。

忘れてはいけなのがPSPlusの存在です。
PCの場合はSteamなので無料でオンラインプレイが可能になりますが、PS4の場合はオンラインプレイをする際にはPSPlusの加入が必要になります。
そこで課金が必要になるので、スキンだけでなく加入も必要ということを忘れてはいけません。