すぐコマンドプロンプトを開くショートカット方法まとめ

Windows10、Windows11でコマンドプロンプトをすぐに開けるショートカット方法をまとめました。
多くの方法で開くことができますが、自分の使いやすいものを覚えるのがおすすめです。
スタンダードな方法から順に紹介していきます。

スタートメニューから起動

スタートメニューの一覧から起動する方法です。
Windowsスタートメニューから一覧で表示させます。
Windowsシステムツールをクリックします。
フォルダ内のコマンドプロンプトをクリックして起動します。
管理者権限で起動する場合は右クリックで管理者として実行を選択します。

検索ボックスから起動

タスクバーに検索ボックスを表示させるか、Windows11の場合はスタートメニューにある検索バーで行います。
検索ボックスに「cmd」と入力することでコマンドプロンプトを表示させることができます。
検索バーで3文字で起動させることができます。

ショートカットキーWin+X

Windows10では使用できますがWindows11では項目が消されています。
WindowsキーとXキーを同時押しすることでWindowsのクイックメニューが起動します。
もしくはWindowsマークを右クリックでもOKです。
その中にあるコマンドプロンプトをクリックすることで起動します。

ショートカットキーWin+R

ショートカットキーのWindowsキーとRキーを同時押しすることで「ファイル名を指定して実行」を起動できます。
表示された名前ボックスに「cmd」と入力してEnterキーでコマンドプロンプトを起動できます。

管理者権限で起動したい場合は、cmdと入力後にCtrlとShiftキーを同時押ししながらEnterキーを押します。

タスクマネージャーから起動

タスクマネージャーから起動させることも可能です。
タスクマネージャーはWindows10ではタスクバーを右クリックして起動、Windows11では検索することで起動できます。

タスクバーを起動できれば、ファイルから新しいタスクの実行で「cmd」で起動することができます。

タスクバーにショートカット

タスクバーにショートカットを作成すること1クリックで起動させることができます。
スタートメニューからWindowsシステムツールでコマンドプロンプトを右クリックしてタスクバーにピン留めするを選択します。
もしくはコマンドプロンプトを起動中にタスクバーのコマンドプロンプトを右クリックしてタスクバーにピン留めをクリックします。

ショートカットファイルを作成

デスクトップにショートカットを作成することでアイコンをクリックして起動させることができます。
デスクトップの何もない場所を右クリックして新規作成からショートカットを選択します。
項目の場所を入力してくださいの項目から「cmd.exe」を入力して次へをクリックするとショートカットが作成されます。

エクスプローラーのアドレスで起動

エクスプローラーのアドレスバーに「cmd」を入力することで起動することができます。
エクスプローラーのどこの場所でも起動できるの便利です。