※購入先、ダウンロードへのリンクにはアフィリエイトタグが含まれており、それらの購入や会員の成約、ダウンロードなどからの収益化を行う場合があります。

【LoL】クロノブレイク(chrono break)の意味とは?

LoL

LoL(リーグ・オブ・レジェンド)のクロノブレイク(chrono break)の意味を解説していきます。
プロの試合などで使われることがありますが、日本ではあまり使うことはないかもしれません。

クロノブレイク(chrono break)の意味とは

LoLのクロノブレイク(chrono break)の意味とは、大会やカスタムマッチで試合を一時停止することをいいます。
/pauseのコマンドを使用することで視聴者には「PAUSE」の画面が表示され停止されます。
元々はエコーのスキルのクロノブレイクが語源で時間を巻き戻すということで使われるようになりました。

日本では、クロノブレイクは使われずに「入金システム」で使われます。
海外のLECやLCSの英語圏でPAUSE画面になった際にコメントで使われる言葉です。

クロノブレイクはクロノ(時間)とブレイク(壊す)という意味で作られたスキルです。
エコーのストーリーともマッチした名前となっています。

大会でゲームがポーズ(クロノブレイク)になる理由としては

  • 飲み物がこぼれた
  • マウスやキーボードのマクロが動作しない
  • キャラにおかしい挙動が見られる

などで起こることが多いです。
クロノブレイク中は試合に関しての会話をしてはいけないということなども決められています。