【Going Medieval】屋根のおすすめの作り方!柱と梁をうまく使用して大空間を作成しよう

GoingMedievalでおすすめの屋根の建築方法を紹介します。
梁を使用することで大空間の家を作成することができます。
また、梁を使用しなくてもいい家は作れるので紹介します。

ちなみに屋根はRで回転することで指定方向に作れるのをお忘れなく。

大空間の屋根ありの家作り

大空間の家の作り方になります。
各部屋を区切って作成するのではなく一つの空間と家を作成します。

今回は四角い大きい家を作成してみましょう。

まず最初に床と外壁を作ります。

柱に梁をくっつけます。

梁は建築学を研究すると解除されます。

あとは外壁と梁に合わせて屋根を作成すると完成になります。

梁をうまく使用することで様々な形の家を作成できます。

柱を入れずに作成できるので、大空間が作れます。

屋根はバリエーションで片方だけを作成できるので上の画像のように変なことをしなくても綺麗な屋根を作成することができました。

また、床でも屋根の代わりの役目を果たせるので後々のことを考えると最初から床にしておいたほうがいいのかもしれません。

梁は10マスまでしか届かないので注意してください。

おすすめの屋根ありの家

梁を使用することで大空間の家を作ることができます。

しかし、梁を使用しなくても大きな屋根ありの家を作成することができます。

おすすめは長方形の家です。

画像の右上の家がおすすめの形になります。

外壁と屋根だけで簡単に大きな家を作成することができます。

倉庫などにおすすめの形で、大きなものが置けない設計です。

攻略メニューへ戻る