【Going Medieval】食料保存の法則!腐らせないで保存可能な方法とは

Going Medievalの食料を腐らせない保存方法を紹介します。
外や室内で放置していると腐ってしまう食料ですが、条件を満たすことで保存が可能になっています。
知らないと冬を越すのが厳しいはずなので、しっかり覚えておきましょう。

腐るものと腐らないもの(劣化するもの)

鉱物やその加工品は劣化も腐りもしません。
もともと地面にあるもので劣化という概念も無いので当然です。

装備品は、床と屋根がないと劣化していきます。
錆びや木は腐っていくイメージですね。

食料系は、装備品と同じく条件を整えれば腐らないようにできます。
下記で紹介します。

食料を腐らせないようにするには

食料は常温だと腐る設定になっています。
床と屋根があり5℃以下の場所になると腐りません。

低温の部屋(地下室)を作成して保存するようにします。
ゾーンを作成する時に物を指定することが出来るので、しっかりかんりすることで指定のゾーンにしか置かなくなります。

とりあえず食料は地下で保存し、その隣か上の部屋に部屋タイプキッチンの部屋を作成すると効率よく作業することができます。

地下は必ず必要になりますので序盤から設計して家造りを行いましょう。

攻略メニューへ戻る