※購入先、ダウンロードへのリンクにはアフィリエイトタグが含まれており、それらの購入や会員の成約、ダウンロードなどからの収益化を行う場合があります。

【FPS用語】置きエイム、置き撃ちの意味とは

FPSでよく使用されることのある置きエイム、置き撃ちの意味につてい解説していきます。
やり方も非常に簡単なので、気にせずやっている人も多いテクニックです。

置きエイム、置き撃ちとは

FPSの置きエイムとは、敵が来る場所を予想して先にエイムを合わせておくことをいいます。
また、置きエイムと同じ意味で置き撃ちと使う場合があります。

置きエイムする場所は物陰から出た位置やドアなど相手が移動するときに使う場所です。
相手の情報がある場合は、その場所から敵が移動に使いそうな通路に置きエイムするのが基本です。
敵は、移動している状態なので反撃することなくダメージを与えたり倒すことができます。

また、ある程度慣れているのであればキャラの身長を考えてヘッドショットを狙うことも簡単です。

置きエイムをするには、相手の情報を入手する、敵が通る場所を知っている必要があるため、ある程度経験なども必要になります。
同じゲーム、マップをプレイしていると様々なことを学ぶことが出来るため、置きエイムもしやすくなります。

置きエイムが有効な武器はスナイパーライフル、アサルトライフルなど中距離から遠距離の武器です。
敵から攻撃を受けることなく戦える武器がおすすめで、ショットガンやサブマシンガンなど近距離の武器では相手に反撃される可能性が高くなります。