【ブラサバER】ナディンのキャラ詳細情報や元ネタなど紹介

ブラックサバイバル永遠回帰(ブラサバer)のナディンに関するキャラクター詳細情報や元ネタなどを紹介します。
誕生日やキャラ背景なども設定されているのでより深くナディンのことを知ることが出来ると思います。

オリジナルブラックサバイバルwikiや公式ブラサバerwikiなどを参考にして作成しています。

ナディン14M-RFT10基本情報

“弓を手にした私は見逃さない” – ナディン

ナディンがわずか4歳の時に突然の土砂崩れが発生し、両親を亡くした。
彼女は唯一の生存者であり、最終的には野生動物に助けられて育てられました。
当局は彼女の死を宣言したが、彼女は8年後にハンターによって発見され、彼女に人間としての新しい人生のチャンスを与えた。
今日に至るまで、彼女は平穏な生活を送ろうと奮闘し、些細なことにも躊躇しています。

ナディンは、埋もれていることの彼女の根深い記憶のために閉所恐怖症です。

凍りつくほど状況を考えすぎてしまうが、それを隠すために無関心な顔をしている。

  • ナディーンの誕生日は不明です。
  • Nadineは、Fioraとともに3回目のAlphaテストでリリースされました。
  • 本名はNadine Chandrawinata (ナディン チャンドラウィナタ?)
  • 声優は城内 由茄子
  • 年齢は21歳
  • 国籍:インドネシア
  • 身長178cm、体重66kg、職業はアーチェリー選手、家族は養父、養母。

サイドストーリー(オリジナルwikiより)

両親が勤めていた国立公園研究所で、両親と共に土砂崩れの被害に遭った。

4歳から8年間、狼たちと共に野生で暮らしてきた。

人間的にはどうすれば正しいのかわからず、内心はいつも不安。
養父と養母のしつけの影響で間違えたことをしてしまったときの処罰を恐れている。
そのことで頭がいっぱいなので他者と上手く関わる余裕が持てない。

人は嫌いじゃない。ただ、態度で示せず、余裕のなさからも勘違いされやすい。
長く複雑な言葉が苦手で、短い返事か行動で示すからぶっきらぼうに思われてしまいがち。

彼女にとって自然や動物は家族であり、友人。
もちろん獲物は狩るが、それも生きるためである。

アーチェリー選手として、大小様々な大会に参加しながら生きていた。

そんなある日、移動中に車の故障で、山の中腹の道に立ち往生してしまう。
暗い夜だったので、救助を呼ぼうかと相談していたところ、
近くに他の車が停まっていることに気づいたナディンが助けを求めにいく。

しかし、その車はいつもナディンを監視していたアグライアの行動要員のもので、
計画時期より少し早かったが、ちょうど声をかけてきた彼女をそのまま拉致することに決めた。
こうしてナディンは拉致されてしまい、ルミア島で目を覚ますことになる。

経験から、生き物の位置を把握することに優れている。
足跡を見ればいつその動物がそこを通ったのか、鳴き声を聞けば距離だってわかる。
実験の際には、他の実験体が残した生活痕から後を追って見つけたりもしている。

他キャラとの相性

16M-RFT20. バニス
彼からは自分と同じハンターの匂いがすると気づく。
けれど同時に妙な気配も感じるので、近づいたり親しくなったりはしない。

14M-RFT13. アレックス
本能的に「嫌な予感」を察知して関わろうとしない。

14M-RFT09. シウカイ
小言が多くてうるさい。でも彼の作る料理は美味しい。

14M-RFT06. ロサリオ
過ごしやすい。野生的だし、動物好き同士なので何か通じ合うものがあるのかもしれない。

他人を気にしないマイペースさのある気楽な雰囲気の相手は居心地がいい。
シルヴィアやダイリンは自由に生きている人たちなのでナディンも安心してそばに居られる。

土砂崩れに遭ったトラウマから、暗くて狭い場所を何よりも嫌う。
アイソルが仕掛けた落とし穴に落ちたときは不安から暴走し、仕方なく研究員により射殺処理がされた。

LOST ARK
・派手なバトルとグラフィックが大迫力
・ゲーム内の世界が美しい      
2部門でPC MMORPG No.1を獲得
全ての人に捧げる最高のオンラインRPG!ロストアーク