※購入先、ダウンロードへのリンクにはアフィリエイトタグが含まれており、それらの購入や会員の成約、ダウンロードなどからの収益化を行う場合があります。

【ゲーム用語】格ゲーの詐欺飛び、安全飛びの意味とは

格ゲーで使われることのある詐欺飛び、安全飛びの意味について解説していきます。
様々なプレイヤーが使うテクニックで覚えておくことで起き上がりに更に有利をとれます。

詐欺飛び、安全飛びとは

詐欺飛びとは、相手が起き上がる際に地面ギリギリで攻撃を重ねるテクニックです。
詐欺という名前が悪印象だったため、安全飛びと最近は使用されます。

相手が起き上がる瞬間に低空でジャンプ攻撃を行う戦術で、相手が何もしないかガードする場合は攻撃がヒットまたはガードされ、相手が無敵技(リバーサル)を出す場合でも、攻撃者は着地してからガードできるようになります。
このテクニックは、多くの無敵技が発生するまでに時間がかかることを利用しています。
相手が詐欺飛びを見破らず無敵技を出すと、攻撃者はガードして反撃することができます。
また、相手がジャンプ攻撃をガードした場合でも、攻撃者は有利な状況を作り出せます。

詐欺飛びの難易度は、着地硬直の大きさや無敵技の発生速度によって変わります。
このテクニックは少なくとも『ストリートファイター2』の時代から存在していましたが、実行タイミングが主に感覚に頼るため、広く知られていませんでした。
最近のゲームでは、キャラクターの起き上がりが早い、または起き上がりの種類が多いため、詐欺飛びを行う機会が少なくなっています。
しかし、特定の技でダウンさせた後に自動的に適切な詐欺飛びが行えるよう設定されている場合もあります。